猫ベッドで寝ないたった一つの理由とは。解決策は硬くするだけ。

投稿日:

愛猫ちゃん用にペットベッドを買ってみたけど、「ちっとも使ってくれない、寝てくれない。」とお悩みの飼い主さんは多いのではないかと思います。
そこで、今回、その理由をお話しし、我が家のねこちゃんが猫ベッドで寝るようになった方法を紹介します。


猫の寝床を ” ふわふわ ”、” ふかふか ” にしてあげた方が、ヒトと同じように気持ち良く眠れるだろう、と思っていませんか?
それは、人間の勝手な思いこみです。

猫は、危険が迫ったときに瞬時に逃げることができる状況の確保を最優先にします。
ふかふかな場所は、猫の瞬発的な脚力が吸収されてしまい、危険回避行動や防御反応に遅れが生じるので、命の危険にかかわります。
なので、猫は基本的に硬い場所で寝るし、警戒心が強いため、安心してゆったり寝ているように見えてもレム睡眠の状態にあることが多いのです。

現に、ねこちゃんにとって硬い場所で寝ることは決して不快な訳ではなく、ねこちゃんが、フローリングの上や珪藻土マットの上などで、気持ち良さそうに寝っ転がっているのを目にします。
と同時に、快適に体温調節ができる場所を選んでいるであろうことも推察されます。
猫ベッドには、そうした機能が求められますが、残念ながら人間視点での製品しか販売されていないのが現状かと思います。

当初、私KenUは上記のようなことを全く考えずに、ふかふかの猫ベッドを買ってしまいました。
2022年03月01日に購入して半年放置して様子を見ましたが、結局、アメショーのえるちゃんもミヌエットのあお君も、全く猫ベッドを使ってくれませんでした。

KenUが購入した猫ベッドは、アイリスオーヤマの角型Sサイズ PB-T007GY グレー。
製品サイズは、幅約61cm×奥行約48cm×高さ約18cm。

アイリスオーヤマ ペットベッド 角型S PB-T007GY


今思えば、「これでは寝ないだろうな」と容易に想像できるくらい、クッションはフワフワ・フカフカです。

アイリスオーヤマ ペットベッドのクッション


そこで、以前のブログ(←参照リンク)で紹介した、キャットタワーに付属していたクッションに交換することを思いついたわけです。
このクッションは、薄めで、やや硬めです。

NATURAL SIGNATURE Cuthus キャットタワー ステップ


案の定、クッションを交換するだけで、ねこちゃんがベッドで安心して就寝するようになりました。


さて、問題は解決した訳ですが、宮城県の秋も深まり、夜間はだいぶ冷え込むようになりました。
クッション材を1枚敷いただけでは、ねこちゃんは寒いかも知れません。
そこで、もう少しベッドを暖かくしてあげたいと思い工夫したので、以下に説明します。

まず、家に余っていた大型のジョイントマットを50cm X 35cmの大きさに切断。

50cm×35cm切断ジョイントマット


これに、ダイソーで購入したアルミーシートを被せます。

ダイソー アルミシート


このようにして床面の冷気を断熱して、アルミが猫の体温の熱を反射して、ねこちゃんを温める効果を狙います。

IRIS OHYAMAペットベッドにアルミシートマット敷き


キャットタワー付属のクッションは、そのまま使用せず、KenUが使用していたFrancfranc(フランフラン)のマイクロフリースバスタオルを巻きます。

ナチュラルシグネチャーキャットハス キャットタワー ステップ専用クッション
フランフランのマイクロフリースバスタオル
マイクロフリースバスタオルを巻いたクッション


これを先に入れておいたアルミマットの上に載せれば完成です。

改良した猫ベッドとえるちゃん


そしてあお君は、KenUの布団の枕元の横隣りに置いた改良猫ベッドで、毎晩KenUと一緒に就寝しています。

改良猫ベッドで夜間就寝するあお君


せっかく買った猫ベッドを捨てようかと迷っている飼い主さんは、クッション部分の改良を検討してみてはいかがでしょうか?
また、これから猫ベッドの購入を考えている飼い主さんには、ふかふかな製品を買わないようにすることをアドバイスさせていただきます。
とはいえ、ふかふかな猫ベッドで寝る猫はいない、とは断言できないので、猫ベッド選びはギャンブルだと思っておくと賢明でしょう。


以下、余談です。

えるちゃんは、紙の緩衝材を敷いたままのAmazonダンボール箱がマイブームで、日中にダンボールの角にあごを載せて寝ることが多いです。

Amazonダンボール箱に入って寝るえるちゃん


それから、ねこちゃん用の商品って、どうしてダサい物ばかりなんでしょうか?
どのようにダサいかというと、今回紹介したペットベッドのように猫の肉球のパッチが付いていたり、肉球柄がプリントされてたり、えさの器がねこ耳の形になっていたり、猫出入り口の穴形状がねこ耳型だったり。
KenUは、それらの商品が、ちっとも可愛いとは思いません。
だって、目の前に本物のめちゃめちゃ可愛い猫ちゃんがいるんですから。
個人的意見としては、普通に造形美に優れた機能的な製品を販売したほうがよいのでは?と思います。

コメントを残す