雅の切れ味が蘇るオンライン包丁研ぎサービスが便利

投稿日:

4年前の2018年5月。
私KenUが妻にZWILLING(ツヴィリング)の雅(MIYABI)包丁(6000MCT)と、それ専用の高硬度(HRC60以上)ステンレス包丁も研ぐ事ができる雅シャープナーをプレゼントしました。
そのことをブログに書いています(→過去記事リンク)。
そして今回、この雅の切れ味が落ちてきたということなので、高価な包丁でもあるし、プロに研ぎ直しをお願いすることにしたという訳です。

MIYABI 雅 6000MCT 三徳包丁180mm 日本製多層鋼 槌目 包丁 岐阜県関市製【日本正規販売品】34074-181
←Amazonで見てみる

MIYABI 雅シャープナー 包丁研ぎ器【日本正規販売品】34536-007
←Amazonで見てみる

雅はMC63というスチール(鋼材)が使われていて、HCR硬度が約63という、包丁の中では硬い物になります。
これまで専用シャープナーを使って研いできたけど、切れ具合が落ちたということなので、KenUは何もできません。
さて、どうするか?
「ツヴィリングなら宅配便で引き取って研ぎ直しして送り返してくれるサービスくらいやってるだろう。」というKenUの予想は的中。
公式サイトでナイフシャープニングサービス サービス (99990-137-0) ¥ 5,500(←参照リンク)を見つけました。
ネット検索でみつかる研ぎ屋さんよりも価格は高めですが、メーカー正規のサービスなので仕上がりは期待できます。
送料(税込み)550円がプラスされますが、最終的には、サイト登録してクーポン(ー300円)を得て、5,750円になりました。


まず、宅配便で送付用のキットが送られてくるので、包丁を梱包してツヴィリング シャープニングセンター(ZSC)に着払いで送付します。

箱には、ナイフメンテナンスサービス(Knife Maintenance Service)と記されています。

包丁を送付してから5日後には、送付したときと同様の梱包形態で戻ってきました。
早っ!!


妻曰く、愛包丁の切れ味が蘇って満足とのことです。
メンテナンスサービスに出した甲斐がありました。


実は、後日、Amazon経由での発注による同じサービスを見つけてしまいました。
こっちにすれば、もう少し安かったのに・・・。

Zwilling ツヴィリング 「 オンライン ナイフ シャープニング サービス 」 研ぎ 包丁 ナイフ メンテナンス 【日本正規販売品】 99990-137
←Amazonで見てみる

なお、このサービスはツヴィリンググループ(ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels))のナイフに限るので気を付けてください。
決して、関孫六・貝印包丁を出さないようにしましょう。

それから、インターネットで検索される包丁ランキングは、全くあてにならないので鵜呑みにしないほうがよいでしょう。
なぜなら、硬度、耐久性、メンテナンス性が評価されていないし、実際に何かを切ってみて比較したわけでもないから。
包丁研ぎに関しても、こんなサイトも見つけました→ 研ぎ屋の研ぎ料金

コメントを残す