三和シャッターのリモコン、ラジオートRAX-H35のスイッチが入らなくなったら?!

投稿日:

自宅の手動式シャッターを、2015年12月19日に電動シャッターに交換してから7年。
リモコンのスイッチがへたり、頻繁にスイッチが入りにくくなりました。
なので、新規にリモコンを購入し、不具合リモコンの改善も試みました。


スイッチが入らない不具合が出たのは、二つのリモコンのうち、私KenUがほぼ毎日使い続けているほう。
もう一つのリモコンは使用頻度が低いので問題なし。

リモコンの新規購入は、三和シャッターのホームページから、お客様サポート > 修理について > 修理点検に関するお問い合わせ 、をたどります。
すると「リモコン・鍵のご注文はWEBでは受け付けておりません。」となっています。
これは防犯上の理由によるもので、同ページに記載のフリーダイヤルに電話をかけて注文しました。

後日、見積書が届き、署名して正式発注という流れになります。
ラジオートRAX-H35の金額は、本体15,000円+送料1,500円+10%消費税1,650=合計18,150円。

高っ!!

「近くの営業所まで取りに行くから、送料1,500円は不要です。」というと、工場から営業所までの送料とのこと。
「え?!、三和シャッター社内の流通の費用を客に負担させるって、それ変でしょ?」といって、1,500円を値切って税込み16,500円で購入しました(笑
にしても高い。

ちなみに、今回ボタンの色が白からグレーに変わりました。

三和シャッター電動シャッター用リモコンRAX-H35
三和シャッターRAX-H35・旧リモコン(左)、新リモコン(右)


なお、ネットでは、定価の半額以下で他の業者から出品されていますが、三和シャッターでは次のQ&Aのように説明しています。

Q.シャッターのリモコン(送信機)を入手したので、自分でシャッターに登録したい(使えるようにしたい)。登録方法(設定方法)を教えてください。
A.防犯上の理由から、シャッター「受信機」への登録・設定方法は一切ご案内しておりません。※登録・設定は、弊社サービスマンによる現地作業(有償)が必要です。
他社製品や廃止製品は対応できかねます。
当社製であってもオークション、フリマサイト等でお求めになったリモコンの場合、設定等の対応をお断りさせていただく可能性もございます。予めご了承ください。※お買い求めの販売元・業者様に直接お問い合わせください。

引用:三和シャッターホームページ 一般のお客様向け「よくあるご質問」

ですが、「【簡単】三和シャッターのリモコン(RAX-H35)を追加登録する方法」というサイトがあり、三和シャッターが作ったであろう設定マニュアルまで掲載されています。
なんだか腑に落ちません。
でもまあ、我が家のシャッターでも上記サイトのとおり設定できるかどうかわからないし、今回はよしとしましょう。


さて、不具合リモコンの調子が悪い部分は「ON」ボタンだけで、「開」「停」「閉」ボタンは問題ありません。
なので、自分で修理できないか、いちおう見てみることにしました。

精密トルクスドライバー(T6)で2か所のねじを外して裏蓋を開きます。


基板を外してボタンとの接点を見ます。
へたって接触が悪くなっていることはわかっています。
ONボタンの裏側を導電性ペーストで盛ればなんとかなりそうですが、お金をかけてそこまでする気はありません。


ということで、手持ちの材料を使って、ボタン上側を盛ってみました。
シリコーンチューブが余っていたので、切り開いて円形に切り取ります。


シリコーンは普通の接着剤ではくっつかないので、医療用のポリウレタン製フィルムドレッシングで固定します。

では、ボタンを押してみましょう。


できた!
少し強めに押せばスイッチが入るようになりました。

もしかしたら、オークションでリモコンを安く購入して、ボタンのシリコーン製パッド部品だけ入れ替えちゃうのも、案外いけるかも知れませんね。

イチネンアクセス(旧イチネンミツトモ) P.Tool(ピーツール) ドライバー 12in1 マイクロ精密ドライバー 13937
← Amazonで見てみる

コメントを残す