住宅用火災警報器は、約10年使用の場合、本体交換を推奨。でも、電池交換することにした。

10年前に「Panasonic 火災警報器 SH4903 けむり当番を設置した! 2011年1月」という記事を書きました。
SH4903の専用リチウム電池の寿命は約10年なので、そろそろ電池切れになります。
電池が切れると警報が鳴ります。

「住宅用火災警報器から「電池切れです」と鳴ったときは、どうすればいいのですか。」

警報を止めるには、警報停止ボタンを押す、
または引き紐を引いてください。
ただし、電池切れのままの場合、
単独型:16時間、ワイヤレス型:0~24時間以内に再び警報が鳴ります。

引用 Panasonicホームページ よくあるご質問 (←参照リンク)

先日、勤め先の人から「未明に電池切れの警報が鳴って寝不足になった」という話を聞きました。
そんな訳で、私KenUは、警報が鳴る前に電池交換をすることにしました。

しかし、メーカーの説明では、本体交換が推奨されています。

「住宅用火災警報器(電池式)の電池は交換できますか?」

電池交換はお客様ご自身で交換できます。
ただし、住宅用火災警報器は古くなると内蔵電子部品の寿命のために火災を感知しない恐れがあり、約10年ご使用の場合、本体交換を推奨いたします。

引用 Panasonicホームページ よくあるご質問 (←参照リンク)

KenU宅では、火災警報器を3台設置しているので、必要な電池は6個。
パナソニックストアプラスでSH284552520を単価(税込み)1,430円、合計8,580円で購入しました(送料無料)。

火災警報器本体を左に回すだけで外すことができます。

電池の被包デザインが少し変わりました。

赤と書いてあるほうに赤いリード線がくるように電池コネクタを接続。

親機と子機を間違えないように、元どおりに本体を取り付けて、ワイヤス通信のテストをして完了です。

10年前に書いた自分のブログが役に立ちました。


パナソニック けむり当番・ねつ当番専用リチウム電池 3V 音声警報式用 SH284552520
←Amazonで見てみる。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください