20年前のShade 3DCGソフトはWindows10で使える?!

人工肛門・ストーマ装具メーカーの製品プロモーション動画には、3DCGが使われているものがいくつかあります。
そして、ふと「自分もストーマ関連のブログ記事用の画像に3DCGを活用してみたらどうだろうか?」と思った訳です。
じつは私KenUは、昔、自称3DCGクリエーターだった頃があるんです。
それで、20年前の3DCGソフトウェアを棚の奥から引っ張り出してきて、Windows10にインストールしてみました。

3DCGとは、スリーディメンショナルコンピュータグラフィックス(3 Dimensional Computer Graphics)の略で、3次元空間電脳絵のことです。
近年では、2Dアニメーションなどにも、3DCG技術は使われています。
有名どころでは、『けいおん』、『エヴァンゲリオン』、『鬼滅の刃』など。

KenUが3DCGを始めたのは1999年頃、使っていたソフトは1998年11月発売のmyShade(マイシェード)でした。
その後、2001年6月発売のShade Debut R5(シェード デビュー アール ファイブ)にバージョンアップ。
今からでは、もう20年前のソフトになります。
ちなみに、当時のパソコンのOSはWindows98。


前置きはこれくらいにして・・・
今回、Windows10にインストールしたのは、Shade Debut R5です。
PCはlenovo E450で、BUFFALOの外付けディスクドライブを使用しました。

インストールは普通に何ら問題なく終了。
ただ、起動時に毎回、「システムレジストリの更新に失敗しました。REGEDITを使って更新してください。」というメッセージウインドウが表示されます。

そのまま ” OKボタン ” をクリックすれば普通にシェードは起動するので「まあいいか」という感じです。

作業スペース、ツールボックスなどの表示に問題はないようです。
Windows XPではツールボックス表示の裏抜けが生じるなど問題があったのですが、Windows10では正常。

にしても、かなり使い方を忘れてしまっています。
とりあえず、レンダリングできるかどうか確認したかったので、ぱっと簡単に描ける球を描いて、デフォルトのレイトレーシングでレンダリングしてみました。

一応、正常に使えそうです。
なので、時間ができれば、またいじってみるかも知れません。
使い方を思い出すのが大変そう。
最新版を購入し直して、一からから覚えるほうがいいかな?

Shadeの公式ホームページはこちら⇒ FORUM8 Shade3D
Shadeに関するフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』はこちら⇒ Shade(ソフトウェア)


あとは、余談で・・・

下の3DCGは、2003年の「ござ敷いてお花見しながら将棋でも指しましょうか!」という絵です。
売っていないだろう物を想像して、将棋盤はステンレス製、駒はドミノっぽく黒色樹脂製にしてみました。

そして2004年。
中学生の頃から使っていたKenUお気に入りのラジオ、SONY ICF-5600を完成させないまま、途中テストレンダリングしたきりが最後。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください