長く乗るほどオトク?・オートモービルの維持ポリシーを考える

前回のブログでは、携帯電話(mobile phone)の料金低減について書きました。
色々考えると、一番の金食い虫は車(auto mobile)です。
これまで、どれほど消費した事か。
そこで、シミュレーションし、「定年後の車の維持をどうするか? 」について、方針を決定しました。

結論から先にいうと、当初予定どおり、現在所有している車を死ぬまで乗り続けます。
シミュレーションをするにあたり、まずは沿革をふり返ります。


【1987年】
既に私KenUが社会人になって、大阪で仕事をして2年が過ぎた頃。
親がフォルクスワーゲン POLOに乗り換えるということで、実家からトヨタ カローラクーペ1.5SR(AE70)を譲り受けました。
その後、マフラーに穴が空き交換。

【1989年】
KenUが結婚して、1年を過ぎた頃。
日産180SX タイプII(RS13)を新車3年ローンで購入。
オプションで、サンルーフとエアロパーツ(スポイラー)を装着。
最高に楽しい車だったけど、3年で手放すことに。

【1992年】
宮城県に移り住んだことと第二子誕生がきっかけで、トヨタ タウンエース スーパーエクストラ スカイライトルーフ 4WD 2Lディーゼルターボを新車3年ローンで購入。
パワー不足で東北自動車道の上り坂では80Km/hの速度も出せず、ストレスが溜まる車でした。
当時は海釣りが趣味で砂浜に車を乗り入れていたので、塩水でエアコンの熱交換器が腐食して冷房が効かなくなったり、エンジンガスケットからオイルが漏れる不具合も発生。
修理せず、5年で手放すことに。

【1997年】
タウンエースを捨てたいと思っていた矢先、ナイスタイミングで仙台トヨペットの営業マンがKenU宅に飛び込み営業にきたんです。
その日のうちに新車カルディナ 2.0G 4WDの商談成立し、3年ローンで購入。
オプションでエアロパーツを装着。
まだまだ乗れそうだったけど、塗装の艶が無くなったこと、サスペンションのへたりが気になりだしたこと、営業マンから別車の売り込みがあったことから、12年で手放すことに。
その間の修理は、マフラーの腐食による交換とタイミングベルトを交換。

【2009年】
営業マンが粘り強く、カルディナを販売した後も、毎年末にはカレンダー、新車発表時にはカタログを家まで持って来たりのトヨタ縛り。
その営業マンからしか車を購入できない状況下、とくに欲しい訳でもなかったマークXジオ 240G fourを新車3年ローンで購入。
特別仕様車ブラックパールエディションの在庫車で格安な上、オプション、冬タイヤ(ブリザック)ホイールセット半額サービス付き。
東日本大震災で傷だらけになったのを我慢して乗り続けたので、10年で手放しました。
その間の修理は、腐食によりマフラーを交換。

【2019年】
KenUに貼り付いてたトヨタの営業マンが法人営業に移ることになり、TOYOTA縛りから解放されたこと、KenUが直腸がんを患ったことをきっかけにして、乗りたい車に乗っておこうと思ったことからMercedes-Benz GLA 220 4MATICを新車、残価設定3年ローンで購入。


では、30年間でいくら自家用車にコストがかかったか、下表にまとめてみました。
なお、はっきりと記憶している訳ではないので、「だいたいこれくらいだったかな?」という金額を書いています。自動車税、任意保険料、燃料費などは無視しました。

それぞれの車のローン金利含む購入金額、修理費用、車検費用、点検(オイル交換含む)費用を合計して、そこから買い替え時の下取り料を引いて、所有年数で割って年平均コストを算出しました。

画像クリックすると別ウィンドウで拡大表示

すると、所有年数が一番長いカルディナの年平均コストが31万円で、いちばんオトクでした。
ちなみに、車4台の総コストは、1210万円、年平均で40万円になります。


いよいよ、ここからが本題です。

Mercedes-Benz GLA 220 4MATICを今後どうするか?
適当な時期に買い替えるか?乗り続けるか?それとも・・・
この先、本当に世界は電気自動車に置き換わっていくのか?

とりあえず、上の表と同様に、10年、20年、30年所有した場合のコストを下表にシミュレートしてみました。
車検は1回30万円、点検(※12か月毎オイル交換含む)は1回5万円(※1,2年目無料)、修理費は20年で250万円、30年で500万円かかる想定にしました。
まあ、実際はそんなにしないとは思いますが、シミュレーションなので余裕を見ます。

画像クリックすると別ウィンドウで拡大表示

その結果、30年の年平均コストが52万円で、一番安くなりました。
短期間に国産車の乗り換えを繰り返す場合と変わりません。
丈夫で長持ちと言われるメルセデスベンツですから、しっかりとメンテナンス費用をかけて、乗り続けることにします。
これまでTOYOTA車に乗っていたときには7~8年で必ずマフラーに穴が空きましたが、Mercedes-Benzはどうでしょうか?。

余談ですが、自分で撮影した ↓ この画像をWindows壁紙にしています。

画像クリックすると別ウィンドウで拡大表示


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください