ストーマ装具面板カスタマイズムービー

今年2018年2月に ” 開腹縫合跡が痒くなるので装具面板をカスタマイズ加工 ” という記事を書きましたが、先日、面板を自分で加工する様子を撮影した動画をYouTubeにアップロードしました。

” 自分に合うストーマ装具がなかなか見つからない ”、” 面板がよれて皮膚に違和感を生じる ”、” すぐに漏れる ”、という人は、面板をフレキシフィット加工することを前提にすれば、快適に使用できる製品の選択肢が増えるかもしれません。

動画の後半、 ” ストーマ装具漏れ防止シール製品ってなかなか「いいね!」 ” という記事で紹介した「きしめん」を使用するシーンも撮影しました。
シール製品を使用すると、面板の穴をストーマサイズよりも大き目に切れるといったメリットがあります。

*

『ストーマ装具面板のカスタマイズ -装着感の向上ともれ防止-』
再生時間4分14秒

*

動画では、フレキシフィット加工のV字の切込みが浅くなってしまいました。
もっと深めに切ったほうが良いと思います。

ストーマ装具交換時にその都度面板をはさみで切るのは面倒ですが、購入時、ひまなときにあらかじめ複数枚まとめて切っておくと楽です。

私KenUは、ダンサック ノバ1 ワンピース装具を使用するときには、いつもこのようにしています。

************** 関連記事 **************

ブログメニュー(タブ)に、人工肛門関連記事の一覧ページのリンクあります。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください