ストーマで困るのは、パンティーストッキング

投稿日:

人工肛門・ストーマで困るシリーズ第6弾!!

先日、女性オストメイトの困りごととして、twitterのフォロワーさんから「パンストに穴を開けてストーマパウチを外側に出して穿いている」という情報を入手しました。
そこで、何かお役に立ちたいと思い、実験してみた訳です。
その結果、それほど手間をかけずに穿けるということを実証しました。

過去に、「ストーマで困るのはズボンと下着と入浴とセックス」という記事を書いていますが、男性目線でした。
KenUが男性なので、女性目線の記事を書くことは、なかなか難しいです。
しかし今回、Kenは生まれて初めて実際にパンストを穿いて、穴の開け方の実験をして、それをYouTube動画にしました。

決してふざけているわけではなく、男女問わず人工肛門を造設したことによる困りごとがあれば解決したいと思い、これまでずっと色々なことを考えて、ブログや動画を上げ続けてきている自負があり、真面目に取り組んでいるつもりです。
つきましては、KenUが女性用品を身に着けることに嫌悪感を抱く方もいるかも知れませんが、どうかご容赦ください。
なお、下着は、男性用のBVDコンフォートビキニフリーフです。

[2023/08/12更新]
上記、YouTube動画は削除しました。
理由は、不評であったこと、そして、YouTubeの収益化対象外になっていたためです。
なので、以下に、動画のキャプチャー画像で説明していきます。

*****

伝線しにくいストッキングが販売されています。


試しに穴を空けてテストしてみたところ、引っぱっても伝線しませんでした。


実際にストーマパウチを通す穴を空けて実験しました。
ストッキングを手でつまんで、はさみで横方向に小さな切込みをいれます。


ストッキングの穴を広げながらストーマパウチの上側をくぐらせます。


手を突っ込んで、ストーマパウチの下側を引っ張り出します。


以上のように、ストーマパウチを装着していてもパンティーストッキングを穿くことができます。

*****

YouTubeコメントに対する返信にも書きましたが、実際の困りごとを、文字ではなくビジュアルにして分かりやすく発信することで、メーカーがオストメイトのことを真剣に考えてくれたり、オストメイトのQOL向上のための改良品、新製品が販売されるといいな、と常々考えています。

その甲斐もあり、新製品開発の相談を受けることもありますし、KenUブログをヒントにして開発したと思われる新製品を幾つもお見受けします。
メーカーの方々、オストメイトのQOLを向上してくださって、有難う御座います。

コメントを残す