人工肛門ストーマ装具交換の動画をアップしてみた。

さて、 ストーマパウチの交換方法についてこれまで詳しく説明していなかったので、KenU自身のストーマパウチ交換手順の動画を撮影してYouTubeに投稿し、このブログに埋め込みました。

やり方は、ストーマ外来でKenU担当のWOCナース(皮膚・排泄ケア認定看護師)さんにやってもらっている方法です。­
KenUが考えた方法ではありません。
使用する材料的には微妙な違いはありますが・・・

動画では、いまだに自分で自分のストーマを見るのも嫌だし、他人にも見られたくないので、ストーマは映らないように注意しました。
なので、健常者の方もそれほど気持ち悪がらずに見ることができると思います。

反省点は、緊張で交換の手際が悪く、言葉も出てこなくて、約12分もの長い動画になってしまいました。

すみません。

*

まずはじめに、動画の静止画像サムネイルで解説します。

人工肛門 ストーマパウチ交換方法の静止画像のサムネイル
人工肛門 ストーマパウチ交換方法の静止画像のサムネイル

1.シャツをたくし上げてひも付き洗濯ばさみで留め、パウチカバーをはずします。

2.テープ付面板の周囲テープ部分だけをそのまま手で引き剥がします。

3.面板のハイドロコロイド粘着剤をリムーバー(ワイプまたは液滴またはスプレー)を使ってやさしく剝がします。(※ストマ外来ではスプレーまたは3Mキャビロンを使用。)

4.ビニール手袋をはめて清拭料を手にとります。(※ストマ外来ではWOCナースはニトリルゴム手袋とコロプラストのシルティ アクアホイップ清拭料を使用。)

5.手のひらをかぶせて、ストーマとその周囲の皮膚を洗浄します。

6.お湯で洗い流します。洗浄瓶はノズル先端をはさみで適当に切断して使用。

7.ティッシュペーパーをかぶせて水気を吸わせます。(※ストマ外来では不織布ガーゼを使用。)

8.水泳用にミニパウチを装着します。(面板は、あらかじめストーマサイズに合わせて切っておきます。 便排出口は、開きやすくするために、あらかじめ数箇所折り目をつけておきます。)

9.消臭潤滑剤を入れて、パウチを閉じます。

10.パウチを手でしごいて消臭潤滑剤をなじませます。

11.水泳後のシャワーでぬれても、面板外周部のハイドロコロイド粘着剤が溶けて皮膚がベタベタにならないように、透明フィルムドレッシングを貼ります。

12.ストーマ装具交換終了。

*

*

パウチは使用して4日目でこれくらいの汚れです。
水洗いはしていません。
※「人工肛門ストーマパウチからのトイレでの便の出し方」という記事の中で、パウチの洗浄方法を紹介しています。

今回はプールに水泳に行く前の小さな装具(ミニパウチ)に交換する動画ですが、通常の交換をする時も、装具をはずして入浴してから、新しい装具を装着する手順になるだけで、やり方は基本的に同じです。
※装具を外しての入浴のしかたは、「ストーマで困るのはスボンと下着と入浴とセックス」という記事の中で紹介しています。

動画では下着を着けたままやりましたが、普段は下着を脱いで人工肛門洗浄をして、手桶にお湯を汲んで「ざざ~っ」と清拭料を洗い流してしまいます。
我が家のお風呂には高圧シャワーノズルがついているので、ストーマにはシャワーをあてません。
圧力が強すぎてストーマから出血することもあるので。

なお、本動画ではやりませんでしたが、ストーマ周囲皮膚の状態が少し心配になったときには、パウダーをつけたり、皮膚皮膜剤を塗布することもあります。

うーん、それにしてもトーク入りの動画は、とっても恥ずかしいです。

※このあと、どうやってプールに入っているかは、「ストーマでも水泳したい!装具のプール用防水&漏れ対策」という記事の中で紹介しています。

*

ちなみに、他の記事でも紹介していますが、動画の中で使用した小物類は下↓のとおりです。

使いきり ビニール極薄手袋 粉なし ふつうサイズ 100枚入
 ←Amazonで見てみる。

ハビナース 清拭料 泡タイプ/10676 500ml
 ←Amazonで見てみる。

洗浄瓶500ml
 ←Amazonで見てみる。

驚異の防臭素材BOS(ボス) うんちが臭わない袋 SSサイズ大容量200枚入
 ←Amazonで見てみる。

ニチバン カテリープラスロール CPSR1510 150mm×10m
←Amazonで見てみる。

SEOBEAN ワイド3ボーダー ストレッチコットン ローライズボクサー
 ←Amazonで見てみる。

清拭料は、上記で示した以外にも「ベーテルF」というのもあります。
成分を調べてみればわかりますが、どれも配合成分はほとんど同じで、どれも弱酸性で、配合される植物エキスの違い、化学合成した類似セラミドを配合しているもの、絹糸を作るのに除去され捨てられていたカイコ繭たんぱく質であるセリシンを配合したものとかの違いだけ。
おそらくOEM供給で同じ会社が製造しているのだと思います。

くれぐれも、某ストーマ用品販売会社のストーマケア製品案内というカタログに掲載されている「コラージュフルフル 泡石鹸」はストーマの洗浄には使用しないでくださいね。
水虫治療薬のミコナゾール硝酸塩と粘膜刺激性のあるトリクロサンが配合されているので。

************** 関連記事 **************

人工肛門ストーマパウチを付けたままのシャワー浴動画をアップしてみた。

ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!

ストーマで困るのはスボンと下着と入浴とセックス

KenUの直腸癌切除術と入院中の備忘録

手作りストーマパウチカバーの型紙と消臭ストーマパウチカバーの作り方

ストーマでも水泳したい!装具のプール用防水&漏れ対策

ストーマ装具などの価格から自己負担額を計算してみた。

人工肛門ストーマパウチからのトイレでの便の出し方

イレオストミー用の消臭・吸収ゲル化剤をコロストミーが使ってみた。

ストーマ装具にデルマポアってそんなにいいの?試用してみた。

人工肛門ツーピース装具のメリットに関するKenUツイートまとめ

ストーマ装具を交換するときに、どんな皮膚洗浄料を使用するのが良いか?

外出のときのストーマ洗浄用に清拭料をミニ泡ポンプボトルに詰替えてみた。

夾雑物のない純粋な大腸粘液のpHを測定してみた。

はじめての人工肛門からの大腸内視鏡検査と不安要素

***********************************

広告

人工肛門ストーマ装具交換の動画をアップしてみた。」への5件のフィードバック

  1. kumiko

    「お礼」

    初めまして。
    母の介護をしておりました。

    昨年,母の認知が重度となり
    それまでストマの事は,全て自分で処置しておりましたが
    突然,同居の次女(私)がしなてくてはならなくなりました。

    色々検索し
    こちらが
    とても分かりやすく
    ここ数ヶ月
    足跡も残さずにお邪魔しておりました。
    見始めててすぐに
    洗濯バサミ紐を作りました。

    ラスカルバッグには
    「ラスカルにそっくり!!」と微笑んだり致しておりました。
    母は便を出す部分を
    プラスチックの止め金具を使わず
    輪ゴムでグルグル巻いて留めて
    便はリングの部分から出してました。

    何も分からず
    オロオロしていた私に
    貴ブログが救いの手でした。

    本当にありがとうございます。
    一言お礼を申し上げたく
    長々と打たせていただきました。

         キミちゃんの娘のkumiko

               

    1. kumikoさん、こんにちは。
      コメント有難うございます。
      おかげで、あらためて気づかされました。
      ストーマになった方は病院で処置の方法を教わりますが、介護をすることになる方は教わっていないので大変なのですね。
      お役に立てて何よりです。
      今後、またストーマ関連の記事を書くことがありましたら、介護者のことも気にしてみたいと思います。

      介護は大変でしょうけれど、kumikoさんご自身の身体を大切になさって、どうか健康に気をつけてください。

  2. パウチが剥がれやすいという人は、きちんとストーマ外来に行って相談されたら良いと思います。

    面板周囲に粘着テープを貼って固定するという人もいるようですが、それは根本的な解決になっていないように思います。
    面板の下に便が潜り込んでいるのをテープで無理やり留めて誤魔化していると、皮膚炎になったり、臭いがしたりするようになります。

    ・メーカーの装着期間目安以上の日数使用していませんか?
    ・毎晩、熱いお風呂に長く浸かって、たくさん汗をかいたりしていませんか?
    ・排便後にパウチ内を水で洗浄したりしていませんか? 面板の粘着剤が水で溶かされて、面板の下に便が潜り込みやすくなり、そして面板も剥がれやすくなります。
    ・パウチ交換時に油性系の皮膚洗浄剤(リモイクスレンズ、サニーナなど)を使用していませんか? 油性系の皮膚洗浄剤が皮膚に残ると、面板の接着力が弱くなります。これらを使用したら、さらに水性洗浄料で洗い、お湯でよく流したほうがよいでしょう。
    ・ストーマパウチに指定用途以外の変なもの(ベビーオイル、サニーナなど)を入れていませんか? これら油性成分が面板に付着すると、皮膚から剥がれやすくなります。 なぜなら、ミネラルオイルとか流動パラフィンと呼ばれる脂肪族炭化水素は、プロケアーリムーバー、ワイプアウェイ、リムーブなどの面板剥離剤(リムーバー)の主成分として配合されているものだからです。

    それから、パウチは臭わない高いバリアー性のフィルムで作られていますが、面板は透湿性(水蒸気透過性)の高い素材、つまり非防臭性の素材で作られています。 だから、面板の下に便が潜り込むと、におうようになります。
    KenUは時々、面板を指先で擦ってみて、指先のにおいを嗅いで、面板の下に便が潜り込んでいるかどうかを判断します。
    それとあわせて、装着期間目安を参考にして、装具交換するかどうかを決めています。

    パウチを剥がれにくくする方法は、人によって向き不向き、個人差もありますが、色々あります。
    装具をテープ付きの面板に変えてみるとか、他メーカーの装具を試してみるとか。
    皮膚皮膜剤を使用し、シロキサン共重合体による皮膚の撥水効果と共重合アクリルポリマーによる面板接着力向上効果を利用して剥がれにくくするとか。
    面板の下の皮膚にしわがある人は、ペースト剤で埋めるとか。
    そういったことを、ストーマ外来でWOCナースさんとディスカッションして考えて、決めていくとよいと思います。

    たいしたこともしてもらえないのに、お金を払うのがもったいないから、ストーマ外来には行かない。という人もいるようです。
    しかし、一度不良な状態になってしまうと、良好な状態に回復させ難くなり、もっと治療費がかかります。 肉体的にも精神的にも苦痛を伴うので、定期的に状態を確認してもらうことはかなり有益だと思います。
    たいしたことがしてもらえないということは、ストーマとその周囲皮膚の状態が良好なのであって、良いことです。
    もし状態が悪化しかけていたら、早く気付くことができるし、その場で処置もしてくれますし、良い状態を維持する方法も教えてもらえます。

    それから、我々がストーマ外来を受診することで、WOCナースさんの経験やデータが蓄積され、また装具メーカー、WOCナースどうしでの情報交換もあるので、ストーマ医療や装具開発が進んでいき、これからストーマになる人達の役に立つのではないかと、KenUは思っています。

    なんとか知恵袋、なんとかチャンネルとかで質問するのではなく、ストーマ外来に行きましょう。
    ここ↓から検索できます。

    http://www.jwocm.org/web_stomacare/clinic.php

  3. YouTubeのアナリティクスを見てみると、意外にも海外からの視聴者が大勢いるので、アノテーションを使って動画に英語の字幕をつけてみました。

  4. 2016年9月30日に厚生労働省から次の内容の発表がありました。

    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000138223.html から引用します。

    *

    「トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します」

    本年9月2日、米国食品医薬品局(FDA)が、トリクロサン等19成分(注)を含有する抗菌石けんを米国において1年以内に販売を停止する措置を発表しました。
    米国での措置を踏まえ、日本化粧品工業連合会及び日本石鹸洗剤工業会は、これらの成分を含有する薬用石けんに関し、これらの成分を含有しない製品への切替えに取り組むよう会員会社に要請しました。

    これを受けて、厚生労働省としても、この切替えの取組みを促すため、別添のとおり、製造販売業者に対して、流通する製品の把握と、製品を1年以内に代替製品に切替えるための承認申請を求めるとともに、その際の承認審査を迅速に行うことを通知しました。

    *

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください