私KenUが人工肛門になって以後、日常的な習慣にしていることがあります。
それは、感染予防対策です。

そして、そのために6年前から常に買い足して補充している商品があり、それが今回の新型コロナヴァイラス騒動で品切れ・購入困難になっているものです。
まだ家に在庫があるので、買い占めに奔走したり、高値で購入する必要がなかったことは幸いでした。

なぜ、感染予防対策を日常的に行うようになったのかというと、インフルエンザに罹患して高熱で寝込んだり、食中毒を起こして極度な下痢、血便などをしたときのストーマパウチの排便処理が大変になるだろうと想像したからです。
KenUさんは、とっても心配症なんです。

それで除菌できるアルコールタオルは、常に携帯していて、外出先で食事をするときなどに使用しています。
在庫分で、今日から2か月間くらいはもちそうです。

マスクは、なにかイベントを予定しているときに、その数日前から予防的に使用します。
在庫は、↓この1袋で最後になりました。

万が一、自分が新型コロナに感染したとき用に、使わずに確保しておきます。
家族や周囲の人に感染拡大させないためにね。

消毒用エタノールは、感染予防ではなく入浴用ストーマパウチカバーの除菌、拭き取り乾燥用として使っていました。
まあ、それ以外の用途で使用することもありますが。

もし新型コロナが長期に渡って終息せずに、在庫のアルコールタオルがなくなったときに、このスプレーとポケットティッシュで代用しようと考えています。


それから、常備薬が↓これ。
ちょっと寒気がしたり、関節に微痛を感じたり、風邪ひきの前兆を感じたら「早めのパブロン」します。
これがけっこう効きます。

パブロンだけじゃ回復できないかも知れない、と思ったときには追加のユンケル黄帝液!!(笑
そんなこんなで予防して、これまでの6年間、発熱で寝込んだことは一度もないです。

筋トレしたり、水泳したり、竹刀振ったりして、運動疲れや体力低下すると、早めのパブロンを飲む率が高いかも知れません。
なので、運動後はビタミン剤の補給をして、免疫力を低下させないようにします。

以上、新型コロナヴァイラス騒動が終息しても、KenUは感染予防対策を続けていくでしょう。

2件のコメント

  1. KenUさん、いつも拝見させていただいています、超低位前方切除術で一時ストマをつけていたものです。私も特に外出時のストマの処理には色々気を使いました。
    昨今在庫切れで問題になっている消毒薬ですが、万一入手にお困りになる時が来ましたら、お世話になりました御礼に社内で製造、販売ものを無償で提供させていただきますので、その際にはご相談ください。ただ、エタノールではなく、次亜塩素酸を弱酸性領域にpH調整したものですので速乾性はありませんが。
    これからも記事を楽しみにしております。

    1. Rioさん、こんばんは。
      消毒薬のご提案、ありがとう御座います。
      人と人のつながりって良いものですね。どうにもピンチになったときにご相談させていただきたいと存じます。
      新型コロナウィルスも、政府の言うようにあと10日程で沈静化してくれることを期待しております。
      どうかRioさんも感染にはくれぐれもお気を付けて、この困難な状況をご無事に乗り越えてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください