WJ-737Sの腰横プロテクタにK302Sの代用でSK-812を装着してみた。

まず、前置きを少々。

もう2年半前に「プロテクター付きバイクジーンズWJ-737Sも買ってみた。」という記事を書きました。
WJ-737S(←メーカーサイトリンク)はコミネ(KOMINE)の商品です。

そのときは、人工肛門の関係で腹部にゆとりをもたせたL/32サイズ(ウエスト86cm)を購入しました。
その後、WJ-737Sがお気に入りでずーっと穿き続けていて、PK-718は穿かなくなってしまったので、今年もう一本WJ-737Sが欲しくなり購入しました。

*

ここからが本題。

新しいWJ-737S用にもういっこ、大転子部分をガードするための別売サイドプロテクターを購入しようと思ったら、Amazonでの取り扱いはなくなっていて、楽天では価格が高騰していたんですね。
もう生産中止で廃番なのかも知れません。

さて、どうしましょう?!
ということで、他のプロテクターを代用することにしたという訳です。

KOMINE ショルダープロテクターK302SとSK-812比較

上の写真左が、これまで装着していたコミネ K302S ショルダーガードという商品。
肩用だけどWJ-737Sの腰パッド兼用です。
大きさは幅150mm×高さ210mm。

そして、上の写真右は、SK-812 CEレベル2 プロテクター ショルダーという商品。
肩用ですが「もともとK302Sも肩用なんだからこれでいいや」と、いちかばちかで購入しました。
押しつぶしたときの大きさは幅135mm×高さ200mm。
 ←Amazonで見てみる。

その他の選択肢としては、商品説明に「対応ジャケットの脇腹やパンツの腰横に装着可能」と書いてあったこれ↓
KOMINE SK-813 CE レベル2 サイドプロテクター
   ←Amazonで見てみる。
でも、アマゾンのレビューで良い評価じゃなかったんです。

さらにその他の選択肢としては、やはり肩用のこれ↓。
KOMINE SK-687 肩プロテクター ビートルショルダー
 ←Amazonで見てみる。

*

では、ジーンズ内側の腰横ポケットにSK-812プロテクタを装着します。

KOMINE WJ-737Sプロテクター用ポケットにSK-812ショルダープロテクタ挿入

KOMINE WJ-737SにSK-812ショルダープロテクタ装着後

ちょっと小さい気はしますが、まあ、いいか。
ジーンズを穿いてみます。

KOMINE WJ-737S バイクジーンズ腰パッド装着試着01

まあまあいいんじゃない?
ちょうど大転子にはまって、守られている感じはする。

KOMINE WJ-737S バイクジーンズ腰パッド装着試着02

じゃあ、これで走ってきま~す。

伊豆沼にはもう渡り鳥(ハクチョウ、マガン)が飛来してきています。
下の写真右上の黒い点々。

伊豆沼20181103KOMINE WJ-737S Jeans.jpg

うん、プロテクターはこれでいいや!

さて、みなさんはどのプロテクターを選びますか?

*

余談ですが・・・

やっぱりジーンズ右ポケットのKOMINEの刺繍を取り除きました。

KOMINE WJ-737S Jeans M(30)の刺繍除去後

また、今回のWJ-737Sは、ワンサイズ小さいM/30サイズ(ウエスト81cm)を買ってみました。

KOMINE WJ-737S Jeans Back M(30).jpg

というのは、普段着用しているユニクロのスキニーフィットジーンズ サイズ31(79cm)でも腹部にゆとりがあること、お腹が少しひきしまってきたこと(シックスパッド効果?)、バイクに乗るときはストーマプロテクターをしていること、から試着しなくてもたぶん大丈夫と判断したから。
結果は、生地が厚いからちょっときつめだったけど、ストーマプロテクターが良い仕事をしてくれているので大丈夫です。
バイクの運転中にちゃんとストーマからうんちがでました(笑

************** 関連記事 **************

プロテクター付きバイクジーンズPK-718とユニクロジーンズを比べてみた。

プロテクター付きバイクジーンズWJ-737Sも買ってみた。

バイクのライディング用にストーマプロテクターを自作してみた。

人工肛門ストーマなのにSIXPAD(シックスパッド)を使ってみた!

***********************************

広告