今週初旬の7月30日から、我が家の下水配管工事が始まりました。
いよいよ、トイレが汲み取り式から水洗になります。

そして、工事のために、給湯器の周りを囲っていた垣根の木がなくなりました。
これまで、ヒイラギモクセイ(ヒイラギとギンモクセイの雑種)とシャラノキ(娑羅樹)が植わっていました。

殺風景になったというだけではなく、木々に思い出もあって気に入っていただけに、とても寂しいです。
夏になると、シャラノキは、白いピンポン玉くらいの大きさの花を咲かせてはすぐに落花して、玄関階段周囲を花びらだらけにして散らかしてくれます。
秋になると、ヒイラギモクセイは、小さな白い花を咲かせ、独特な香りを漂わせます。
真冬になると、シャラノキは樹氷になります(笑

それにしても、今夏の猛暑の最中に工事をしていただき、業者の方には大変感謝しております。

土の掘り返しにはミニユンボを使用しています。ただしくは、クボタミニバックホーU-008というもの。
面白半分で調べて見ると・・・
エンジンは、 クボタ水冷3気筒D722-KA 、 総排気量0.719L(719cc)、定格出力/回転数 7.4kW(10.2PS)/2,050rpm、だそうです。

8/5(月)の朝から、便器の取り換え工事がはじまります。
TOTOのリモデルタイプなので、工事は一日で終わるとのことです。
ちなみに、便器は、ウォシュレット一体型・手洗い付きのGG-800を選びました。
KenUには不要ですが、家族はウォシュレット欲しいでしょうから。
もちろん、定格消費電力には気を付けました。過去記事リンク⇒「ストーマで困るのは寒いトイレと定格消費電力


明日8/4(日)は仙台で一泊の楽しみなオフ会です。
なので、朝の涼しいうちに、日陰で手洗い洗車しました。
さて、今からストーマ装具交換したり、着替えなどの準備でもしようかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください