戦闘機の日本語が素敵だった松島基地航空祭2017

さて、昨年2016の夏、鹿妻駅前の航空自衛隊機ブルーインパルス(T-2型 訓練機)のオブジェとKenUの愛車 YAMAHA MT-09と一緒に写真を撮影しました。

それで今年は、この目で直接ブルーインパルスの飛行シーンを見たいと思ったので、先日8/27に航空自衛隊 松島基地で行われた航空祭2017へ足を運びました。

ちなみに、松島基地は、東日本大震災後に放映された、新垣結衣、綾野剛 主演のTBS TVドラマ「空飛ぶ広報室」(←参照リンク)の舞台にもなっています。

ということで、会場はどんな様子だったのか? フォトレポートでお届けします。

なお、KenUは、戦闘機マニアでもなく、軍事オタクでもないので、その筋の説明はできません。

*

まずは、先に本題から。

航空祭とは別に、基地内に常設展示されている機体がいくつかあります。

そのうちのブルーインパルスカラーにペイントされていないT-2型 超音速高等練習機に着目。

この機体がかっこいいとかいう話ではなく、機体のあちらこちらにペイントされた日本語がいいんです。
機体とよくマッチしていて、なんか素敵でした。

KenUは、戦闘機の機体フォルムよりも、こういうところに目が行ってしまいます。

これ何て言うんですか?
軍事フォント? ミリタリーフォント?
英語のはありそうだけど、日本語のはあるのかなぁ?
探してみたいと思います。

*

それから、個人的に嬉しかったのが、航空祭用に展示されていたF-4ファントム。

だって、KenUの痔の手術をしてくれて、しかも直腸がんを肉眼で見つけてくれたクリニックで、通院の都度、待合室に置いてあるコミック『ファントム無頼』を読んでいたから(笑

この機体にも、日本語がたくさんペイントされています。

このフォントもいいよね。

 

本題は以上で、あとは航空祭の様子になります。

翌年以降に航空祭に行ってみたいと考えている方にはネタバレになるので、以下閲覧にはご注意ください。

*

7時20分ごろ、いくつかある入場口のうち、ゲート7からの入場待ち。
既に長蛇の列が・・・
ここには、要予約マイカー来場者用駐車場からのシャトルバス利用者が集まります。

でも、この待ちは、意外に飽きなかったんです。
というのは、F-2がソニックブームの爆音を立てながらオープニング飛行前のテスト飛行を繰り返していたので。

このときの飛行音は、本番では味わえない迫力がありました。

*

8時10分過ぎ、基地への入場が始まると、その前に手荷物検査が行われます。

縦横高さの合計が1mを超えるもの(広げた状態含め)は、持ち込み制限がありますという事前案内がありましたが、1mを超える折りたたみチェアーでもパスしていましたね。

入場までのもろもろに対して色々と文句を言っている人も多々見受けられましたが、KenUはそんな人達に対して、内心は「テーマパークと勘違いするなよ」と思いました。
だって、機密情報いっぱいの軍事施設を無料で公開してもらう訳なんだから、基地に入れるだけ感謝しないといけないと思います。

*

入場前の格納庫裏側の駐機場、基地内に入場したら見られないシーン。

オープニング飛行前、エンジン始動しスタンバってるF-2、エンジン熱で空気が揺らいでいます。

後部席パイロットが、こちらを見て手を振ってくれています。

*

ゲート7からの入場後、そこから一番近かった格納庫内での航空機展示です。

F-2のコックピットを一目見ようという人の列。
でも、コックピットは機密事項のため写真撮影禁止です。

その他に今回は、宮城県で現在話題の石巻市の梱包会社がダンボールで作ったランボルギーニ、通称ダンボルギーニも特別展示。

*

屋外では、ブルーインパルスの曲芸飛行の前に、ブルーインパルスJrによる編隊飛行の演技。
一部分を3分の動画にまとめてみました。
走ってるように見えますが、これは超低空飛行で飛んでいます。

ナレーションのお姉さんがとってもいいです。上から目線ですみませんっ!

*

その後には、ブルーインパルスの曲芸飛行から始まって、お昼までその他航空機による飛行展示が続きます。

ばっちり決まったフォーシップインバートから散開するブルーインパルス。

観客も興奮!

でたぁ~。お約束のバーティカルキューピッド!!

UH-60Jによる救難展示飛行。

ブルーインパルスT-4とUH-60J

などなど、ほんの一部分だけ紹介させてもらいました。

*

野外売店が並ぶ通路には・・・たくさんの人。

大晦日のアメ横、正月の浅草寺仲見世なみです。

*

快晴で気温も高く、日差しを避けようと、格納庫にたくさんの人が格納されていました(笑

*

地対空誘導ミサイルの展示も。

*

以上、宮城県PRでした。

いやいや、そうじゃなくて・・・

この記事を書きながら、実はKenUは感慨深くなりました。

というのは、航空祭に来てみて、自衛官のみなさんは航空祭で曲芸飛行や様々の演技を見せるために練習している訳ではなくて、日本国民を守るために、厳しい訓練を重ね、技術を磨き、その結果として習得した高い技術があって、このようなパフォーマンスが可能なんだなぁ、ということが良く伝わったからです。

そして、これほど訓練に励んでいるのだから国を守る自信があるし、国民のみなさんに安心して暮らして貰いたいという、自衛隊のアピールなんだと思います。
基地内で見かけた自衛官のみなさんは、本当に規律正しく・礼儀正しく、誇りに思いましたし、数々の素晴らしい展示を観させていただき、有難うございました。

航空自衛隊松島基地の皆様に改めて感謝申し上げます。

余談ですが、F-4ファントムと一緒にMT-09の写真を撮りたいなぁ~(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.