仙石線マンガッタンライナー@奥松島 with MT-09

私KenUのGW最終日。

風邪も治り、今日も宮城県内の「列車」を目指して愛車YAMAHA MT-09でお出かけしてきました。

*

もったえぶらずに、いきなり写真を出します。

仙石線マンガッタンライナーとMT-09と吉田川

石ノ森章太郎先生の作品(キャラクター)が描かれたラッピング列車、JR仙石線の「マンガッタンライナー」です。

ロケ地は、野蒜駅と陸前小野駅の間、吉田川(一級河川)の堤防。

サイボーグ009とMT-09のゼロナイン繋がりを狙った訳じゃぁありません(笑。

ただバイクと仙石線とを一緒に写真に収めたかっただけで、このような列車が走っているとは想像もしておらず、本当にたまたまだったんです。

野蒜駅方面から列車がくるのが見え、「ん? 仙石線はやけにカラフルな列車なんだなぁ~」と思ってよく見ると・・・

奥松島にて仙石線マンガッタンライナー

あらら、こんなチャンス失敗できないじゃん!!
ということで、アングルやズームを色々と変えながらシャッターを切りまくりました。

仙石線マンガッタンライナーとMT-09と一級河川吉田川

でも、レンズのVR(手振れ補正)スイッチがOFFになってて・・・

きっと、タンクバッグから取り出すときに触っちゃったんでしょうね。

*

で、ちょっとバイクを移動して次を待つことに・・・

吉田川堤防にてMT-09とKenU

次の列車はマンガッタンライナーじゃなかった。

野蒜駅_仙石線

でも、仙石線の車両ではなく、仙石東北ラインのハイブリッド車両でした。

仙石東北ラインとMT-09と吉田川

後ろにガードレールがあって、もっと後ろに下がれなくて広角撮影になってしまったから列車が遠いね。

*

話は変わって、いつもの話題、トイレについてですが・・・

野蒜駅のトイレは、改札を通らないと入れません。
別に、連絡通路を通って駅の南側(海側)のロータリーに出たところにトイレがあります。
一応オストメイト対応トイレも設置されていますが、水洗シャワーが付いているだけのタイプでした。

ということで、用足しがしたくなったら、駅舎に向かうのではなく、奥松島パークライン側からロータリーを目指すのがよいでしょう。
でも、連絡通路も通って反対側も見て欲しいと思います。

*

写真は撮ったし、トイレも済ませたので、次に奥松島パークラインを気持ち良く走ってきました。

で、パークラインを往復してから、休憩をしていると、またまた出くわしました。
撮影準備してなくて、急にカメラを取り出したりしたからシートの上に軍手が乗ってたりして(笑

仙石線マンガッタンライナーとMT-09

向こうに見えるのが松島湾で、なかなかのロケーション。

KenUはここで温度調節のお色直しをして、次の列車を待つことに・・・。

仙石線高架橋下にてMT-09とKenU

やっと、プレーンな赤い仙石線に出会えました。

仙石線とMT-09と松島湾

*

余談ですが・・・

春夏用メッシュジャケットの下に着る防風インナーも持っているのですが、今回 ”クシタニのK-2321 エアーコンテンドジャケット” の上にスポーツ用のウインドブレーカー ”アンブロ Col + HN ラインドウォームジャケット” を重ね着してきました。
これいいわぁ、すっげーいいじゃん。
いかにもっぽくないし、暑くなったらそのまま脱ぐだけ。
防風インナーだと、アウター脱いで、インナー脱いで、またアウターを着て、って面倒くさいでしょ?

もう一つ余談ですが・・・

昨年 ”野生の藤の花” を探してたけど、奥松島パークライン沿いの崖に野生の藤の花がたくさん咲いていました。
しかも、バイクの高さくらいまで花が下りていて。
う~ん、もうKenU的に「花札」テーマは終わっていて、撮影する気がなくなったので残念!

*

はい、以上です。

次の宮城県紹介、宮城県ツーリングブログ、2018年「乗り物」テーマのロケ地を探さねば。

東北本線@伊豆沼、東北新幹線@鳴瀬川 with MT-09

KenUのGW2日目。
昨日と違って風も穏やかなので、愛車YAMAHA MT-09を駆ってまいりました。

さて、宮城県紹介、宮城県ツーリングブログの今年2018年のテーマは「乗り物」です。
ということで、今日は、というか今日も、列車が撮影できるロケ地を求めて、ぐるぐると走り巡ってきました。

なんか、「鉄ちゃん」になりつつあるな・・・(笑

*

まずは、伊豆沼で東北本線を撮影!! 新田駅8:21発石越行き4両編成です。

東北本線とMT-09 伊豆沼にて

ほんの僅かに水面が写っていますがMT-09の真後ろが伊豆沼です。

逆光で、かすんでいて、写真を撮るなら朝より夕方のほうがいいかもしれませんね。
そして貨物狙いもありかもですね。朝は何本か走ってたけど、夕方も走ってるのかな?

東北本線 新田_石越 時刻表

なお、時刻表は平日も土曜日も日曜・祝日もすべていっしょでした。

*

それから、伊豆沼に行ったときの楽しみの一つに、「みやぎ県北高速幹線道路」(←参照リンク)を走るというのがあります。

いつもがらがらなんです。

宮城県北高速幹線道路20180429KenU MT-09

なお、最高速度は暫定70km/h、通行料金は無料、地域高規格道路で125cc以下の二輪は走れません。

*

今日は、とても気持ちが良かったのでこのまま帰らずに、もう一箇所、他の列車を求めて走りました。

KenU ride on MT-09

鳴瀬川に東北新幹線、向こうに見える山は船形山(標高1,500m)。

東北新幹線とMT-09と船形山と鳴瀬川

ロケ地としてはいいよね。でも、山がかすんでいてちょっと残念。

山がはっきりと見える冬の季節、始発の新幹線とか朝焼けの時間帯がいいかも。

*

余談ですが・・・

今朝、出がけの気温は6℃。
クシタニのクランプジャケット(革)の下にユニクロのウルトラライトダウンを着込んで、ウインターグローブをはめていきました。 念のため、夏用のメッシュグローブをリアに積載して。

それが、気温は24℃まで上昇。
まさか、夏用メッシュジャケットまで積んでいくわけにいかないので、つらいっすね。

KenUとMT-09鳴瀬川土手にて

水はいつでも積んでいますが、これまで、ペットボトルそのままをネットでリアシートに固定していましたが、ペットボトルがレンズの役割となって収れん現象を起こして加熱する恐れがあるので、ボトルクーラー買いました。
 ←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

バイク関連記事一覧

気仙沼線とMT-09@北上川河川歴史公園

陸羽東線とMT-09@鳴子江合川河川公園

***********************************

陸羽東線とMT-09@鳴子江合川河川公園

2018年は「乗り物」テーマということで、今日は列車を求めて愛車YAMAHA MT-09を駆ってまいりました。

ターゲットは陸羽東線(りくうとうせん)。

気仙沼線のときもそうでしたが、列車と言えばやっぱり ” 鉄橋 ” だよね?
ということで、ロケ地として探し出したのは鳴子江合川河川公園(なるこえあいがわかせんこうえん)です。

陸羽東線とMT-09と江合川

↑これは、鳴子御殿湯駅7:19発上り(古川方面)列車。

↓そして、川渡温泉駅7:38分発下り(鳴子温泉方面)列車。

陸羽東線とMT-09_鳴子江合川河川公園

今回は、あらかじめ時刻表を調べていったので、それほど待たずに済みました。

鳴子江合川河川公園

*

今日はこのあと国道47号線を西へ移動しました。

有名な鳴子温泉(なるこおんせん)、そして秋の紅葉で有名な鳴子峡大深沢橋を通過し・・・

MT-09で渡る大深沢橋(宮城県大崎市鳴子峡)
鳴子峡大深沢橋

宮城県と山形県のさかいに到着。

宮城_山形県境とMT-09

KenU県境に立つ!!

宮城県_山形県境に立つKenUとMT-09

朝方は気温5℃前後だったので革ジャケットの下にユニクロのウルトラライトダウンを着込んで出かけましたが、暖かくなってきた鳴子江合川河川公園でダウンを脱ぎました。

宮城県鳴子江合川河川公園Google maps
鳴子江合川河川公園から県境までの地図 Googleマップより

*

話は変わりますが・・・
最近ちょっとしたおもちゃをAmazonで買ってみたので、今回それを使って撮った写真もこの記事に載せています。

CASIO(カシオ) EXILIM(エクシリム) EX-FR200という全天周カメラ。
ただいま充電中。

CASIO EXILIM FR200

このカメラ、カメラ部とコントローラー部(モニター)が分離できるんですよ。
いいでしょ?

CASIO EXILIM FR200レンズ切り離し.jpg

カメラ部を地面に置いて自分撮りできたり、別売のクリップを取り付けて体に固定して走行中にインターバル撮影もできたり、なかなか遊べます。

じつは、こんな商品があるのを知らなくて、モデル兼モータージャーナリストでユーチューバーのRei福地さんのREIVLOG(レイブログ)”2017年に僕が買ったものTOP10!10位から6位まで!”の8位に紹介されていて知ったわけです。

Reiさんが紹介しているのは超広角16mmのEX-FR100ですが、KenUは円周魚眼13.4mmのEX-FR200を選びました。

ちなみに、Reiさんはアライヘルメットのカタログやクシタニの動画に出ている人で、KenUは最近ReiさんのREIVLOGがお気に入りでよく見ていてチャンネル登録もしています。

*

CASIO EXILIM EX-FR200 ブラック
←Amazonで見てみる。

CASIO EXILIM EX-FR10/FR100/FR200用マルチアングルクリップ EAM-2
←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

バイク関連記事一覧

気仙沼線とMT-09@北上川河川歴史公園

仙台港ツーリングは大型トラックに要注意!!

東北本線@伊豆沼、東北新幹線@鳴瀬川 with MT-09

***********************************

仙台港ツーリングは大型トラックに要注意!!

まず本題の前に、二言三言。

バイク乗りのみなさん、KenUのMT-09を同一車線内で追い抜くことは、おやめください。
石を避けたり、わだちを避けるために、車線内で蛇行することもありますから、大変危険です。
気が付けば端によけて道を譲ってあげますから、それまで我慢してください。

KenUのMT-09に勝負を仕掛けてくるのは、おやめください。
絶対に勝負することはありませんから。

マスツーで必死になって先頭の人についていくのは、おやめください。
バイクに乗っていて、車よりもバイクにヒヤッとさせられることが本当に多いです。

KenUのMT-09とすれ違いざまに手をあげて挨拶してくれるバイク乗りのみなさん、ありがとうございます。
お返しする余裕がなくてごめんなさい。

*

さて、本題です。

今日は、前回の宮城県ツーリングサイト紹介ブログ「気仙沼線とMT-09@北上川河川歴史公園」に続く「乗り物」テーマということで、「船」を目指して仙台港まで走ってきました。

雷神埠頭に行こうと思ったら、関係者以外立ち入り禁止になっていたので、高松埠頭に行きました。

仙台港高松埠頭 CRANE ARIEL(Oil_Chemical Tanker 総トン数4862)とYAMAHA MT-09

↑この船は、CRANE ARIEL(クレーン アリエル)Oil/Chemical Tanker(オイルタンカー)で 総トン数は4862tonです。

遠洋底びき網漁業許可船 第五十八富丸(総トン数401)とYAMAHA MT-09

↑↓この船は、第五十八富丸( TOMIMARU No.58)

仙台港高松埠頭 遠洋底びき網漁業許可船 第五十八富丸(総トン数401)

遠洋底びき網漁業許可船で総トン数は401tonです。

*

今日は雲一つない青空。
ここまで走ってきて、暑くもなく寒くもなく本当に気持ち良かった。
とは言え、トップスは長袖Tシャツ2枚重ねの上にVネックダウンベスト、そしてクシタニのクランプジャケット(革)、ボトムはコミネのジーンズの下にスパッツ、首・顎にはフェースマスクという防寒服装ですけどね(笑。

実は、東日本大震災の後、ずーっと海方面に近づく気になれなかったのですが、勇気を出して何度か訪れることでやっと恐怖心が薄らいできました。
でも、仙台港は大型トラックの通行量が多くて別の意味で怖いです。

大型トラックの死角に入っちゃうと危険だし、大型トラックとぶつかったら死んじゃうし、要注意、気が抜けません。
大トラの運ちゃんもバイクでちょろちょろされると邪魔で嫌だろうし・・・。

*

そして、オストメイトのKenUがバイクで出かけるときにいつも気にしているのがトイレです。
今回は、念のため前もって調べていきました。

三井アウトレットパーク 仙台港の他に、スリーエム仙台港パークにもトイレがあります。
とても有難いです。

スリーエム仙台港パークのトイレ

なお、使用可能な時間帯は、開園から閉園までの7:00~18:00です。

スリーエム仙台港パークの階段

スリーエム仙台港パーク

パークの高台から仙台港が一望できます。

スリーエム仙台港パークの高台から望む仙台港

下に降りると・・・

スリーエム仙台港パークから望む雷神埠頭

釣り人がたくさんいます。

仙台港周辺Google maps

*

余談ですが・・・

これまでh&s for men(エイチアンドエス フォーメン)薬用ボリュームアップ シャンプーを使っていましたが、今日からシャンプーを変えてみました。

ANGFA SCALP D DRY SHAMPOO

髪が増えるといいな(笑

*

h&s for men 薬用シャンプー ボリュームアップ プレミアムスカルプケア370mL
 ←Amazonで見てみる。

アンファー(ANGFA) スカルプD ドライシャンプー 350mL
←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

バイク関連記事一覧

気仙沼線とMT-09@北上川河川歴史公園

311震災ちょうど1週間前の仙台港の携帯写真

2017年クリスマスプレゼントはNikonズームレンズ!

***********************************

気仙沼線とMT-09@北上川河川歴史公園

2016年と2017年に行った東京モーターサイクルショー。
2018年は昨日3/23から開催されていますが、行く計画を立てられませんでした。
行きたかったな。

近年ではバイク人気が低迷し、バイクの販売台数も下落し続けていますが、今朝の新聞記事「モーターサイクルショー開幕」によると、2017年の二輪車の国内販売は4年ぶりに前年を上回ったそうです。
そして、私KenUのバイク関連記事もアクセス数が伸びてきているんですよ。
そんな訳で、このブログがバイクブームの再燃に一役果せれば嬉しいです。

*

さて、久しぶりの宮城県内ツーリングサイト紹介記事です。

最近はどこに走りに行こうかと悩むことが多いです。
結構いろんなところに行きましたからね。

昨年は、「花札とMT-09」を目標にして花を探しまわりました。
今年は、「乗り物」をテーマしようかな?

ということで、2018年乗り物シリーズ一発目は、気仙沼線です。

気仙沼線と北上川とMT-09

場所は、北上川河川歴史公園。
地形が面白く、旧北上川と北上川が分岐するところの中州にあります。

北上川河川歴史公園Google maps
北上川河川歴史公園地図 Googleマップより

それにしても気仙沼線の運行本数が少なすぎて、撮影まで2時間弱待ちました。

御岳堂(みたけどう)9:20発 → 柳津(やないづ)9:25着を逃し、次の運行は御岳堂11:16発 → 柳津11:21着ですもん。

ひたすら待ちます・・・(暇)

気仙沼線の鉄橋とMT-09.jpg

来たぁ~!! しかも1両編成!!

トンネルを抜けた気仙沼線

トンネルから出てくる前に警笛が鳴ったのでわかりました。

そして・・・

決まったぜっ!!

気仙沼線とMT-09.jpg

それにしても、列車の撮影は緊張します。
一発勝負、失敗したら終わりですから。

*

こちらは、北上川河川歴史公園の駐車場で、右手に見える小屋はお手洗いです。

北上川河川歴史公園の駐車場

宮城県内の「何とか公園」のトイレは、結構カギがかかっていて使用できないところがありますが、ここは開放されていて助かりました。

また、公園内の道路は綺麗に整備されています。

北上川河川歴史公園道路と北上川と気仙沼線の鉄橋

写真撮りが終わって、柳津大橋を渡り北上川沿い一関街道(R342)を北上しました。

北上川と柳津大橋

*

登米市登米町には色々な資料館があり寄っていくかどうか考えましたが、バイクといっしょに写真を撮れそうになかったので素通りしちゃった(笑

宮城県登米市登米町Google maps
宮城県登米市登米町資料館地図 Googleマップより

*

余談ですが、映画『ちはやふる-結び-』が公開中です。
”ちはやぶる神代もき かず竜田川からくれなゐに水くくるとは ”(在原業平朝臣)

じゃあ、北上川に関する短歌はあるのかな?と思い検索すると・・・
”やわらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆなけとごとくに”(石川啄木)

くらいで、意外と無いんですね。

iPhoneスマホ魚眼タイプレンズで撮影MT-09と北上川
ダイソーのスマホレンズ(魚眼タイプ)で撮影した北上川とYAMAHA MT-09

************** 関連記事 **************

バイク関連記事一覧

黎明に桜撮らねば今年こそ愛車駆る俺薬莱目指す

やっぱりMT-09を買ってよかったことが確認できた東京モーターサイクルショー2016

仙台港ツーリングは大型トラックに要注意!!

陸羽東線とMT-09@鳴子江合川河川公園

東北本線@伊豆沼、東北新幹線@鳴瀬川 with MT-09

***********************************

肉眼に近い遠近感の再現は、焦点距離とイメージセンサーのサイズとトリミングで決まる

この冬シーズンは、雪が多く、道路にも残っていて、ずーっとMT-09に乗れていません。
したがって、バイクのある宮城の風景写真も撮れないので、カメラ関係の記事でも書こうかと思います。

かなり以前に”人間の眼の遠近感に近いレンズは焦点距離100mm”(←参照リンク)という記事を書きましたが、改めて、別の観点から人の目に近いレンズの焦点距離(FL:Focal Length)について考えました。

なお”人の目に近いレンズ”とは、「遠近感(perspective)・奥行感(depth perception)が肉眼で見たときの比率とほぼ同じ」と定義しています。

*

まず、Nikonレンズのカタログから焦点距離とDXフォーマット(APS-Cサイズ)画角の数値を拾ってきます。
また、カメラの画角の計算 – 高精度計算サイト(←参照リンク)で、APS-Cイメージセンサーの場合の、焦点距離と画角(垂直、対角、水平)を計算します。

そして、これらの関係をOpenOfficeのCalc(またはExcel)を使ってグラフにし、水平画角を代表として累乗近似曲線を求めます。

焦点距離とDXフォーマット画角の関係図

つぎに、あるものを後方に移動させて見たときの縮小率(奥行の漸減比)と画角との関係を計算してグラフにし、線形回帰直線を求めます。

例えば、下図のように、2本の赤丸棒と同じ幅、同じ距離だけ後方に移動させた青丸棒が、画角(°)によって見える大きさが変わるので、その比率を数値化するわけです。

画角と漸減率

DXフォーマット画角と縮小率の関係図

そして、実際に左右1m幅でポール2本を立てて、さらにその1m後方にも同じように2本のポールを立てます。

これをKenUが、定規(スケール)を目の前にかざして、片目で見ながら手前2本のポールの幅と奥2本のポールの幅をそれぞれ測定し、縮小率を計算したところ約0.8でした。

この数値を、KenUの肉眼の遠近感に相当する画角に換算します。
グラフの回帰直線の数式[y=-0.0152x+0.9885]で計算すると、12.4°(水平画角)。

次にDXフォーマットの焦点距離に換算します。
グラフの累乗近似曲線の数式[y=1016.6x^-0.941]で計算すると、FL 108mm。

ということで、DXフォーマット(APS-Cサイズ)の一眼レフカメラでポートレート撮影する場合には、FL 105mmレンズを使用すると人が見た感じに近い写真が撮れてよいのかなと思いました。

*

せっかくなので、FXフォーマット(35mmフルサイズ)の場合のFLにも換算してみます。

DXフォーマットのときと同じようにして、カタログ値と計算値からグラフ化して、累乗近似曲線を求めます。

焦点距離とFXフォーマット画角の関係図

KenUの肉眼の遠近感に相当する画角12.4°(水平画角)をFXフォーマットの累乗近似曲線の数式[y=1213.518x^-0.891]から焦点距離に換算すると・・・

な、なんと、FL 171mmでした。

フルサイズカメラでは、FL 160mm~FL 180mmのレンズを使うと遠近感が自然になるのですね。

また、DXフォーマットとFXフォーマットのシミュレーション結果から、肉眼の遠近感を再現して構図を決められるレンズの焦点距離(FL)は、イメージセンサーのサイズによって変わることがわかりました。

*

「望遠レンズだろうが、広角レンズだろうが、同じ位置から撮影して、被写体を同じ大きさにトリミングすれば同じ遠近感になるのだから、レンズの焦点距離の違いと遠近感の違いという考え方は間違っている、肉眼に近いレンズというものを考える意味がない」と言われる人もいるかも知れませんが・・・

そういうことではなくて・・・

トリミングすることを前提にした構図を決めながら撮影はしない。

撮影中に、「今使っているレンズはFL 50mmだけど、FL 100mmのレンズで撮影した風の写真にしたいから、後でこれくらいトリミングするとして、構図はこんな感じにしよう!」ということを頭の中で考えたり、トリミング比率を計算したりしない。

最初に使用するレンズを決めて、それに応じて構図を決める。

ということから、自分の目に近い遠近感で構図を決められる撮影機材の組み合わせを知っておくことは有利だと思います。

こうした理解は、顔の印象が変わらないように、見た目に近い証明書用の写真撮影をするのにも使えると思います。

*

ちょっと、実験。

FL 18-300mmズームレンズを使い、FL 105mm位置にして、DXフォーマット(APS-Cサイズ)のカメラNikon D5300で、いろはすを並べて撮影しました。

DXフォーマット105mmで撮影いろはす

うん、やっぱりこれが肉眼に近い遠近感です。

カメラを移動せずに、ズームリングをFL 105mmからFL 18mm位置に変えて撮影したのが次の写真。
(※フォトレタッチソフトでぼかし入れてます)

DXフォーマット105mm位置のまま18mmで撮影いろはす.jpg

肉眼よりも遠近感があって、実際の部屋よりも広く見えます。

でも、この写真をトリミングしてみると・・・

DXフォーマット18mmで撮影して105mm相当にトリミングしたいろはす

FL 105mmで撮った写真の遠近感とほぼ同じになりました。
トリミング=画角を狭くすること、だからですね。

でも、わざわざトリミングすることを前提にして構図を決めないので、FL 18mmのレンズで構図を決めて撮ったら、普通は↓こうでしょ。

DXフォーマット18mmで撮影いろはす

肉眼よりもかなり遠近感が増しました。

上写真の撮影イメージ図は、↓こんな感じです。

いろはすとFLと画角とトリミング

*

↓このように書かれた論文があります。
人間の視野角は水平約200度,垂直約125度(下75度,上50 度)。
情報受容能力に優れる有効視野は水平30度,垂直20度程度。
注視点が迅速に安定して見える安定注視野は水平に60~90度,垂直に45度~70度程度
出典:エレクトロニクスシリーズ”プロジェクターの技術と応用”、監修:西田信夫、CMC出版(2010)

それに対して、「FL 50mmのレンズが標準レンズと言われている理由の一つに、『画角(対角線46°・水平40°)が注視していない時に肉眼で視認できる視野に一番近いから』という説がある」なんて書いてあるサイトがあります。
上記論文によれば、それは間違いだということが分かります。
なぜならば、目の有効視野(水平30°)で考えるとFL 70mm(FXフォーマット)、安定注視野(水平60°~90°)で考えるとFL28mm~FL 18mm(FXフォーマット)になりますから。

また、、誰が言っているのか不明ですが、「28mmの画角というのは肉眼の視野にもっとも近いと言われています。」なんて書いているサイトもあります。
これは、目の安定注視野角で考えると、あながち間違いとは言えないかも知れませんね。

KenUのFL100mm説では、人の目は中望遠ということになりますが、それなのにどうして水平200°もの視野角があるのか?という疑問が生じてきます。
それは、網膜が球体になっていて面積が広く(つまり、イメージセンサーサイズが大きい)、画角の狭い範囲でセンシングした映像を網膜全体でスキャニング合成して広い視野を作り出しているからではないでしょうか。

*

お隣さんの許可をもらい撮影しました。もちろん、FL105mmで。

ゴッチ20171231

*

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 18-140VR レンズキット ブラック D5300LK18-140VRBK
←Amazonで見てみる

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6G ED VR
← Amazonで見てみる。

Nikon ニュートラルカラーフィルター NC77mm
← Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

人間の眼の遠近感に近いレンズは焦点距離100mm

2017年クリスマスプレゼントはNikonズームレンズ!

***********************************

この花、何の花、気になる花~♪ 日立のパクリwww

今日は、先週の造影剤CTの結果を聞きに、定期の外科外来を受診しました。

直腸がんの術後3年半が経過。
経過観察の5年まであと1.5年です。

結果は・・・

これは6か月前の前回検査でも言われたことですが、甲状腺に腫瘍がありました。
でも、大きくなっていないということと、恐らく良性の腫瘍だから心配はないということ。

その他は全く問題なく良好ということと、血液検査結果も、腫瘍マーカー含めてまったく問題ないということでした。

*

いろいろとありますが、今年は、誕生日プレゼントにお花をもらったりしました。

その中に、これなんだ? 面白い!!と思った花があります。

一番トップ・先端の花です。
咲き方が面白く、また、とても長持ちなんです。

下から上に向かって・・・

順々に花が咲いて、枯れていきます。

垂れ下がりますが、先端は上を向こうとします。

で、問題は、プレゼントしてくれた本人も花の名がわからないということ(笑

誰か分かる方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると嬉しいです。

それから、最初の写真の白い小さな花は、カスミソウではなくて、レースフラワーだそうです。

これまでにもらった経験が一度もなく、いいなぁ~と思いました。

*

[2017/12/21追加]
花の名前わかりました。

”オーニソガラム” だそうです。

花言葉は、「純粋」「才能」。

「まさにKenUにピッタリだね」だって(笑