2016年に「超簡単!アライのフルフェイスヘルメットにイヤホンのスピーカーを仕込む方法」という記事を書きました。
今回は、その改良に関する記事です。
これまでよりiPhoneの音量レベルを下げても聞き取り音量が大きくなるように、取付け方法を変更しました。

イヤホンを取り付けるバイクのヘルメットは、 Arai QUANTUMJ (アライ クアンタムJ)フルフェイス (Sサイズ)です。
システムパッド(頬パッド)は標準より薄いものに交換しています。

丁度、耳が当たる部分に、丸いヘコミがあります。
ここに穴を開けて、インナーイヤー型のイヤホンを埋め込みます。

丸彫刻刀を突き刺して、パッドの発砲スチロールを丸くえぐり取ります。

イヤホンを埋め込んだときにグラつかないように、少し小さ目の穴が良いでしょう。

イヤホンの軸を通す用に、その部分を切り取ります。

イヤホンをパッドの穴に埋め込みます。

イヤホンが耳に当たることはなく、耳が痛くなりません。

頬パッドカバーを元通りに被せます。

システムパッドをヘルメットに取り付けて完了。
Bluetoothレシーバーは、被ったときにあご紐にクリップで挟んで取り付けます。

もう一個のMサイズのヘルメットのほうも改造しました。

音質も音量もこれで十分です。

エレコムBluetoothレシーバLBT-PAR500AVBU
←Amazonで見てみる。

アライ(ARAI) QJ FCSパッド 15mm 054362
←Amazonで見てみる。

2件のコメント

  1. KenU さん、こんばんは。

    あああ、先日、ガレージ断捨離で、KTELのインカム、スピーカー、マイク、アンプ、トランシーバー接続PTTスイッチ等々、友達に上げちゃったんですよ。

    あああ、公開すれば良かった。

    1. kazuさん、こんばんは。
      やっぱりインカムとか使ってたんですね。
      まあ、僕の場合はソロ走りで、iPhoneのナビ音声が聞き取れれば良いだけなので、これで十分なんです。
      かかった費用は、Bluetoothレシーバの3,836円だけ(笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください