センシュラ ミオ1にブラバ伸縮性皮膚保護テープを試用

今年1月に「センシュラ ミオ1をもう一度」、8月に「ストーマ外来からの夏休みの宿題!?TREシール試用レポート」という記事を書きました。

そして10月、やっとこれらの製品を自腹で購入しました。

センシュラミオ1透明とブラバテープとTREシール.jpg

ところで、私KenUは、面板が全面皮膚保護材のストーマ装具を使う場合には、ロールタイプのフィルムドレッシングを切って面板周囲に貼っています。
しかし今回は、センシュラ ミオ1の購入を機に、同じコロプラスト(Coloplast)社製の ブラバ(Brava) 伸縮性皮膚保護テープという製品(以下、「ブラバテープ」と略す。)を試用してみることにしました。
それは、楕円形の面板にぴったり合う形状なので、フィルムドレッシングのように円弧に合わせた形に切る手間がかからないからです。

そんな訳で、ブラバテープのサンプルをいただき、今回購入した製品共々使ってみたので、レポート&レビューしたいと思います。

*

[ 10月4日 18:30 ]

今回もセンシュラ ミオ1の面板をカスタマイズ加工して装着しました。
過去記事:「開腹縫合跡が痒くなるので装具面板をカスタマイズ加工」参照。

センシュラミオ1装着20181004.jpg

そして、面板の上半分から先にブラバテープを貼ります。
下半分から貼っても良いのですが、写真を撮る都合でやりやすい方からということで。

ブラバテープをそのままストーマ装具のフランジ部分に引っ掛けて、貼る位置を確認します。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ装具面板上側接着前.jpg

つぎに剥離紙(保護フィルム)が2つに分かれているので、短い方を剥がします。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ剥離紙1.jpg

皮膚に貼り付けます。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ剥離紙片側接着.jpg

残り部分も、剥離紙を剥がしながら貼り付けます。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ剥離紙2はがし.jpg

できました。お臍の部分が浮いてしまうのは仕方がないですね。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ装具面板上側に接着

次は下半分。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ装具面板下側接着前.jpg

上半分と同じように操作して、貼りました。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ装具面板下側に接着

今回、このような手順で貼りましたが、ブラバテープは腰があるので、先に剥離紙を全部剥がし両手で面板の上に持っていって ”ペタッ” と貼るほうが、もしかしたら操作性が良いかもしれません。

それで、貼付直後の感想は・・・

・テープに厚みがあり腰があるので、比較的貼りやすい。
・変なところに貼り付いてしまって、クシャクシャになってしまうことがない。
・意外にしなやかで、貼付したことによるひどい違和感はない。
・背伸びしたときに、ほんのわずかに突っ張りを感じるが、気にするほどではない。

ということで、大きなマイナスポイントはありません。

*

[ 10月5日 18:00 ]

1日後の状態です。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ試用1日後上部皺

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ試用1日後下部皺

ブラバテープは厚みがあるので、おなかが折り曲がる部分にしわが入ってしまうことは避けられません。
それにしても、数か所にずいぶんと深い谷ができてしまいました。
その部分がちょっと痒くなることもありましたが、我慢しました。

この日は、そのまま入浴。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ試用入浴

ブラバテープはハイドロコロイド粘着剤を使用しているので、水溶性成分が周縁部から少しずつ溶け出してきます。
なので、お風呂上り直後は、ブラバテープ周囲の皮膚がちょっとだけペタペタしました。
でも、この季節は汗をかかないので、乾いてしまえばペタペタ感はなくなり問題ありません。

*

[ 10月6日 15:00 ]

2日後の状態です。

午前中にバイクに乗ったので、前傾になり腹部を前に曲げる動きが加わりましたが、ブラバテープの状態は1日後とあまり変わっていません。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ試用2日後上部皺.jpg

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ試用2日後下部皺

午後この時間に水泳に行くため、センシュラ ミオ1を外して装具交換しました。

洗浄後のストーマ周囲の皮膚状態は、ブラバテープが深い谷になった部分、ブラバテープ周縁部がわずかに赤くなっています。

コロプラスト ブラバ 伸縮性皮膚保護テープ2日後に装具を剥がした状態.jpg

でも、この赤みは翌日には消えました。

2日間使用後の感想は・・・

ブラバテープは、「安心して過ごせるように面板の補強・めくれ上がり防止に」という用途の製品だけあって、粘着力はしっかりしていました。
ストーマ装具面板の剝がれに不安を感じている方には良い製品ではないかと思います。
また、ブラバテープは粘着剥離剤を使えば皮膚を傷めずに優しく剥がせます。
面板周囲に粘着剥離剤が効かない粘着テープ、例えばデルマポアを使っていて、その粘着力によって肌荒れや皮膚炎を生じやすい人には、ブラバテープはその代用品として適した製品ではないかと思います。

その他に気が付いたことは・・・
ブラバテープは面板を拡張することになる製品なので、ストーマ装具面板部分の厚みが増し貼付面積も広がることから、保温されて通常よりもお腹が暖かい感じがしました。
この感じは人によって好き嫌いが分かれるかも知れません。
また、貼付面積が広がることで装具交換時の粘着剥離剤の使用量がちょっと増えます。

今回、KenUの場合には深いしわが入りましたが、もし装具交換の度にブラバテープの使用を続けたら、深いしわが入った部分の皮膚はどうなるのか?少し気になりました。
恐らく、しわの入り方は個人差があると思うので、何ともならない人もいるかも知れません。

*

装具を合わせたコストについて・・・

〇センシュラ ミオ1透明 フリーカット10-55mm 10枚/箱(製品番号: 10481)単価:¥6,100
〇ブラバ伸縮性皮膚保護テープ 幅3cm×直径14cm 20枚/箱(製品番号: 12070)単価:¥2,764(税込み)
なので、ミオ1(1個) 610円 + ブラバテープ(2枚) 276円 = 886円/1回当たり。

1か月(30日間)当たりのコストに換算すると・・・
1日毎に交換した場合、26,580円
2日毎に交換した場合、13,290円
3日毎に交換した場合、8,860円
4日毎に交換した場合、6,645円

3日以上使用するのであれば、まあまあ許容できるコストではないでしょうか?

*

最後に・・・
残念ながらブラバテープは、機能的にKenUが求める製品とはちょっと違いました。
サンプルをくださったコロプラスト様、有難う御座いました。

************** 関連記事 **************

人工肛門関連記事一覧

***********************************

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください