企業型確定拠出年金・DC制度どうして運用しないの?

先週の土曜日から風邪の症状があり、今週の休日も自宅で安静にしています。

ところで、2018年の目標はまだ決まっていません。

今年は目標無しにしようかなぁ~。

昨年の目標はきつかったし。↓
※関連記事:「『花札とMT-09』は6割の達成率。今年の目標は浅はかでした。」(←参照リンク)

目標について「数字で表せないものは目標とは言わない」「KPIが・・・」なんて言う人もいらっしゃるようですね。
でも、それはその人が会社の業務として数値化して実行してもらったら良い訳で・・・

などと考えていたら・・・

そう言えば、KenUは毎年、数値化している目標がありました。

実は、「確定拠出年金(企業型DC)の運用利回り(加入時点以降の年率利回り)3.0%以上をキープする!!」を目標にしています。

ということで、DC(Defined Contribution Plan)について少し書きたいと思います。

*

まず、何故その数値目標なのか?

それは、「3%で運用しないと退職金制度移行前の受取り予想金額よりも減ってしまうから」

ということと、

「それ以上に増やしてみようじゃぁないか!!」

っていう負けず嫌いから?(笑

*

さて、DCのデフォルトの運用商品になっている元本確保型の「1年定期預金」の利率は0.010%(2018年1月現在)です。

これでは資産を増やすことなどできません。

なのに、移換金や積立配分をデフォルトのまま放ったらかしにして、自分自身で運用商品選択や割合変更もせず、資産運用していないに等しい人が多数で、6割の人がそのような状況らしいです。

どうしてなんでしょうね?

例えば、22歳(大卒入社)から60歳(定年)まで掛け金25,000円として、受け取れる退職金の額をシミュレーションサイトで計算してみると、
” 利回り0.1%で運用したときは、11,728,957 円 ”
” 利回り3%で運用したときは、21,684,941 円 ”
その差はおよそ一千万円。

何もしないと、ポルシェ718ケイマンSがキャッシュで買えるほど損をします(笑

PORSCHE 718Cayman S.jpg

また、税法上のメリットも少なくなってしまいます。

それでいいんですか?

まさか、資産運用は卑しいとか、がめついとか思っていませんよね?

まあ、KenUは責任とれないので、元本割れリスクのある運用を無理に勧めたりしませんが・・・

もしこのブログを読んでその気になったら、きちんとプロに教わったり、専門のサイトで調べたり、セミナーに参加したりして、上手に確定拠出年金を運用してくださいね。

*

あらかじめお断りしておきますが、KenUは、投資についてはド素人です。

資産運用といっても、それほど難しい事、面倒くさいことをやっている訳ではなく、ときどき掛け金の ” 配分変更 ” と ” スイッチング(預替え) ”を自宅のPCで確定拠出年金サイトから行っているだけです。

勤務先の退職金制度が確定拠出年金制度に移行したのが2014年の夏。
KenUが大腸がんの手術をして人工肛門になって退院して少し経ってからですから、「家族にお金を残してあげないといけないなぁ~」と強く感じたときでした。

そして、資産運用なんてまったく分からないから、いろいろなサイトを検索して見たりして試行錯誤で今日に至っています。

これまでの経過は、
・2015年:元本割れ運用をプラス運用に転換
・2016年:利回り1%以上の運用実績
・2017年:利回り2%以上の運用実績
を達成しました。

2014年当初は、とりあえず移換金の一部をバランス型商品の ” 安定型 ” と ” 安定成長型 ” に預替えし、積立金の50%を配分変更しました。
その理由は、比較的低リスクと言われている国内債券への資産配分比率が高かったから。
そしたら、” 安定成長型 ” が安定的に成長しれくれず、資産評価額がマイナス、つまり元本割れしたわけです(笑

2015年は、マイナスから脱却するため、 ” 安定成長型 ” をいろいろな商品に預替え。また、積立金は国内債券商品へ配分変更。
ちなみに、” 安定型 ” はそのままにしていたら、現在の損益率は+ 9.36%になっています。

2016年2月に日本銀行が「マイナス金利政策」を始めたため、国内債券への投資メリットがなくなってしまったので、積立金配分を国内株式へシフト。” 安定型 ”への積立は1年定期預金へシフト。

2017年は、1年定期預金の一部を野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)に預替え。
これが当たって、現在の損益率は+29%です。
でも、なんたってハイリスク商品、いつ元本割れに転じるかも分かりません。
また、信託報酬の低い商品を選べと書いているサイトがありますが、この商品の信託報酬は0.6048%と高いんです。

*

さ~て2018年、いよいよ拠出開始以来の年率換算運用利回り3%が目標です。
現在の運用実績は、利回り2.67%とまずまず。

すでに年初に、保有していた野村DC外国債券インデックスファンド全部を三菱UFJDC国内株式インデックスファンドに預替えしました。
その理由は、外国債券は為替変動の影響を受けることを知ったのと、「日経平均株価3万円到達もありうる」というアナリストの予想に期待して。

はい、今のところ、国内株式インデックスファンドの損益率はマイナス0.67%です(笑。

よくよく考えれば、「日本株上昇⇒円安になりやすい」、「円安⇒外国債券ファンドの基準価額は上昇」だから、外国債券を手放すのは矛盾していたのかも?

そこは、ド素人KenUならではの直感ということで。

*

現在の運用構成比は、

元本確保型 30.9 %
国内債券 37.1 %
国内株式 15.2 %
外国債券 2.8 %
外国株式 12.3 %
その他 1.7 %
合計 100 %

残高予想シミュレーション(60歳時)では、好調なケースで+294 万円、不調なケースで-75 万円。

まあ、マネーゲームなので、最終的に100万円くらいの元本割れはドンマイのつもりで気楽にやってます。

*

余談ですが・・・

永久人工肛門(ストーマ)になってからビールはなるべく控えていましたが、土日は人前に出ないことも多いので、ガスが出たり、パウチが膨らんだりしても問題なく、2018年から終末はときどきビールを飲むのも「あり」にしました。

缶のまま飲まずに、コップに注いで炭酸を抜けば、ガスはだいぶ抑えられるみたいです。

たまのビールなので、贅沢してエビスを購入。ピスタチオをつまみに、飲み比べ。

YEBISU BEER.jpg

もちろん、いっぺんに5本は飲みませんよ(笑

バイツェン好きのKenUは、『華みやび』好きです!!

*

[2018/2/17追加]

ちょっと欲を出して、1年定期の一部をアクティブ型の国内株式に預替えしたとたんに、株価が急落しました。

日経平均株価急落2018年2月グラフ

拠出開始以来の年率換算運用利回り2.67%だったのに、1.50%まで下がってしまいました(笑。
株って怖いですね。
でも、このまま預替えせずに回復を待ちます。

株かは回復するのでしょうか、それとも、このまま落ち込みっぱなしなのでしょうか?
楽しみです。

企業型確定拠出年金・DC制度どうして運用しないの?」への2件のフィードバック

  1. Koh Ishida

    こんばんは。
    風邪の調子はどうですか?
    僕は風邪をひくと薬を飲んでる間は治ったかな?と思うほど調子よくなるんですが、
    薬を止めるとすぐにぶり返して結局1~3か月くらいは風邪がグズついた状態になってしまいます(笑)

    さて、今回の資産運用は非常に興味のある記事でしたが、少し難しくて
    あと10回は読み返さないと訳が分からないだろうと思います。(資産運用は投資だったかな?)

    以前FX(投機)をしていい時もあったんですが、
    結局、初期費用(メタトレーダーなど購入代金)を含めると70万の損失が出た時点で辞めました。
    今はメタトレーダーとか無料なので才能がある人はFXもいいんじゃないかとは思いますが、
    投機ならビットコインも狙い目じゃないかと思います。

    ところで今回の記事になぜ興味を持ったかというと、実は僕は精神疾患2級でもう15年くらい鬱病で
    就労許可も出ず障害年金と貯金を切り崩して何とか生活をしています。(調子がいい時はたまに働きに出ていましたが・・・)そんなおり昨年4月に顔面半身まひで入院し今も診察、リハビリと通院してます。
    病気になる前の僕は世界が「俺を中心に回っている」と豪語していたんですが、それは人の痛みが
    分からない自己中でわがままな人生だったと思っています。
    今では見る影もなく人目につかずひっそりと過ごしていますが、
    さすがに一度上がった生活水準を落とすのも難しく、貯金も減ってきたので仕事もしたいんですが、
    それすらも叶わないのが現状です。

    自律神経が狂うまでは企業で勤めていたので時計や単車、車、アウトドア全般、万年筆(文房具)、革製品、アクセサリーと結構小物にお金を、ざるのように使っていたのが懐かしいです。
    僕のKenUさんとの出会いはまさに病気になって完全にインドア(ただの引きこもり)になった時でした。

    趣味の時計の防水性の記事がおもしろくて何度も読んだことを思い出します。
    その後の時計が欲しいなという記事、単車を買った記事、ツーリングでの各地方の美しい写真、
    時計を購入した記事、特に僕も障害手帳の恩恵を受けるのが嫌だったので、
    映画館割引などの記事はすごく興味深かったです。

    今回もど真ん中の記事だったのでコメントさせて頂きました。

    毎日考えられないほどの寒さで、風邪も治りにくいでしょうが、くれぐれもお身体に気を付けて
    これからも面白い記事の掲載を期待しています。

    長文失礼いたしました。

    ps.
    インフルエンザも流行っているので気を付けて下さい。

    1. Koh Ishidaさん、はじめまして。

      色々な記事を読んでくださっているんですね。
      有難うございます。

      今回の記事は、すでに会社で確定拠出年金の説明を受けたであろう人を想定して書きましたので、かなり説明不足であろうことは承知の上です。
      分かり難くて、ごめんなさい。

      簡単に言うと・・・
      「経営環境が不安定で、会社はこの先、社員の退職金の支払いは保証できません。現時点の退職金とこの先の積立金は会社で出すから、自分たちで運用して退職金(年金)を増やしてねっ^^」
      ということです(笑

      で、運用商品がいろいろと提供されて、元本割れしない定期預金とか保険商品、元本割れリスクのある国内債券、国内株式、海外株式、海外債券などから、自分で選んで運用する訳です。
      運用する上で、投資の知識はある程度必要かと思います。
      そういう意味も含めて、まったく投資の知識のないKenUは、あえてド素人と書きました。

      確定拠出年金への移行時に何も選ばないと、運用方法は自動的に定期預金に振り分けられちゃいます。これをデフォルトと表現しました。

      どのサイトが分かりやすいか分からなかったので、とりあえずオールアバウトのサイトをリンクしておきます。→https://allabout.co.jp/gm/gc/43708/

      会社勤めしていなくて60歳未満だと、個人型の確定拠出年金、通称 iDeCo(イデコ)に加入できるみたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中